s2terminal / suzuki.sh

s2terminal

suzuki.sh | Web Application Developer in Japan

note.mu

ISUCON10に参加してきた

ISUCON10予選に参加してきました。予選は例年リモート開催のため参加者としてはあまり昨今の情勢下で変わった事はありませんでしたが、運営チームは準備から当日まで大変だったのではないかと思います。運営の方々に感謝します。3人チームで参加。選択した言語はRu...

qiita.com

Docker+Sinatraで簡単なチャットアプリをつくる練習

Rubyの使い方をよく忘れるので、リハビリ用にRubyで簡単なWebアプリを作りました。また忘れた時のために、作る方法を書き残しておきます。 つくるのはNopochatというクソチャットアプリです。 投稿に「~も」というかわいらしい語尾が付くことで、言い...

note.mu

成長する目標設定のためにやってきた事

自分が目標を考える時に考えてきたことをまとめます。数年前、社内向けに似たような内容を書いた事があったのですが、社内の制度・文化に依存した箇所などを少しでも一般化できるように構成しました。「どうやって目標を立てたらいいのか分からない」「いきなり"5年後どうな...

qiita.com

Next.jsで、同じ変数なのに属性内とテキスト内とで違う値になる

環境 Next.js 9.4.4 React 16.13.1 再現手順 Next.jsで、下記のようなコンポーネントを定義します。そしてnext devで開発サーバを立ち上げるか、next build && next exportで静的サイト生...

qiita.com

ISUCON9予選をDockerだけで動かす

isucon/isucon9-qualifyを、ローカル環境にDockerを使って構築します。MySQLやGoはインストールすること無くDockerだけで動かします。アプリケーションにはRubyを利用します。(Rubyもインストールする必要はありません) ...

qiita.com

papermillで、Notebookの実行結果を返り値として取得

papermillでnotebookを実行した時に、こんな感じでnotebookの最後のセルの出力を値として取得できます。 nb = papermill.execute_notebook('index.ipynb', ...) nb['cells'][-...

note.mu

書評「プログラマーのためのVisual Studio Codeの教科書」

先日、株式会社マイナビ出版さまより「プログラマーのためのVisual Studio Codeの教科書(以下、本書)」を送って頂きましたのでレビューします。プログラマーのためのVisual Studio Codeの教科書|マイナビブックス『プログラマーのため...

qiita.com

Docker内Pythonで、JupyterやFlaskを使う開発環境の構築(VSCode/code-server両対応)

Pythonを少し使ってみようと思ったのですが、環境構築するために色々インストールするのは嫌でした。なのでDockerを使って環境を構築してみました。 インタラクティブな環境およびWebの両方を利用できて、VSCode(またはcode-server)で開...

note.mu

Microsoft Build 2020 KeySegment Sessions感想 (Windows Package Manager発表等)

今年の Microsoft Build はオンラインのみでの開催となりました。開催者側は大変な苦労があったのではないかと思いますが、毎年オンラインでライブ配信視聴している身としては特になにも変わる事はなく、いつもどおり楽しめました。以下、例年で言う基調講演...

qiita.com

VSCode公式の機能で設定を同期する【Insiders Preview】

VSCode Version 1.44.0 Insiders Preview版より、設定ファイルの同期がVSCode公式機能として搭載されました。これまでは複数環境で設定ファイルを同期するには、設定ファイルを独自にGit管理したり専用の拡張機能を使う必要が...

COPYRIGHT © 2018-2020 @s2terminal All rights reserved.